失敗しないお菓子・パン・料理の作り方とコツのTOPに戻る
「失敗しないお菓子・パン・料理の作り方とコツ」トップ >  ジャム > プリンスメロンのジャム作りのコツ


プリンスメロンのジャム作りのコツ

プリンスメロンとは真桑瓜の「ニューメロン」と赤肉種のマスクメロン「シャランテメロン」の交配によって生み出されたメロンです 。 1961年にサカタのタネが開発した品種です。

日本での旬の時期は4月から6月になります。 プリンスメロンは買いやすい価格で売られているので、ジャムを作ろうと思いました。

プリンスメロンのペクチンの含有量を調べても情報はあまりなし。

五訂増補 日本標準成分表にもプリンスメロンの成分はのっていないんですよね。
そこでプリンスメロンのルーツの甜瓜とメロンの成分を調べてみました。
水分量 食物繊維水溶性 食物繊維不溶性 食物繊維合計
甜瓜(黄肉種) 90.8g 0.4g 0.6g 1.0g
露地メロン(赤肉種) 87.9g 0.2g 0.3g 0.5g
ペクチンは食物繊維の一種なので、食物繊維の中にペクチンが含まれています。
甜瓜も赤肉種の露地メロンも食物繊維の含有量はとても少ないので、ペクチンも少ないと考えられます。

メロンは糖度 7%  酸性PH 6 

ペクチンのゲル化の条件は高い糖度(55%以上)、酸性(pH3.0くらい)です。

プリンスメロンにはペクチンの含有量が少ない上に、酸性PH 6で酸性度が低いので、ゲル化させるのはなかなか難しそうです。

さらに、ジャム作りの定番 グラニュー糖をまぶして 浸透圧で水分を出すという作業をおこなったところ、プリンスメロンからはたっぷりの水分がでました。

ペクチンの少ない果物から水分がたっぷりと出るという事は、煮詰めていってもなかなかゲル化せずに、ジャム状態にならないということです。
3パターンでプリンスメロンのジャムを作りましたが、あまり上手に出来ませんでした。

ホームベーカリーのジャムコースで作ったプリンスメロンジャム

☆画像左・・プリンスメロンを細かく切って、グラニュー糖をまぶす。
2時間後、たっぷりと水分がでた状態でジャム作り。
味はとても美味しいプリンスメロンジャムですが、かなり柔らかいジャムが出来上がりました。

☆画像中央・・プリンスメロンを5mmぐらいに細かく切って、ホームベーカリーのジャムコースでそのまま作った物。

☆画像右・・プリンスメロンを1cmぐらいの大きめに切って、ホームベーカリーのジャムコースでそのまま作った物。

画像中央と右側はとろみがほとんどつかずに、ジャムとはいいがたいものが出来上がりました。

3つを比べると、プリンスメロンを細かく切って、グラニュー糖をまぶして2時間おいたものが一番良いです。

鍋で状況を見ながら煮詰めていく場合は、このパターンで美味しいジャムが出来るかもしれません。
もう一つ、別の作り方で作ってみました。
☆画像左・・プリンスメロンに砂糖を2時間まぶして、たっぷりと水分が出てから作ったジャム

☆画像右・・プリンスメロンをミキサーでつぶしてから作ったジャム。

右側のミキサーでつぶしてから作ったジャムはよい感じでジャム状になりました♪
プリンスメロンジャムの作り方はこちら

市販で売られているジャムよりは柔らかいですが、ペクチンなどを使わずにプリンスメロンだけで作れたので満足です。
スマートフォン用サイトはこちら♪◇

関連コンテンツ

柚子ジャム(ゆずマーマレード)の作り方

11月中旬から翌年1月ぐらいまでが旬の柚子。 おいしそうな柚子がたくさん出回ったら、柚子ジャムを作ってみましょう。 柚子ジャムの作り方はとても簡単ですが、作るのに少し時間がかかってしまいます・・・・

パイナップルジャムが固まらない・・

コストコでパイナップルが2玉の販売でとっても安かったので、ついつい買ってしまいました。 我が家は二人家族なのに・・ パイナップルはそれほど日持ちしないので、1玉のパイナップルをジャムにすること・・・

失敗しない八朔ジャムの作り方

八朔の収穫時期は12月から2月中旬ぐらい。出荷のピークは3月頃です。 2月に入ったらJAの直売所で3個120円でハッサクが売られていました。 実を剥くのに時間がかかるかな・・と思いましたが、旬・・・

失敗しないはっさくマーマレードジャムの作り方

八朔の皮も使用したマーマレードジャムの作り方です。 八朔の皮を使用しない八朔ジャムの作り方はこちら♪ 八朔の皮のにがみ取りで煮こぼすのが、めんどくさいなあ・・と思いますが、皮を煮こぼすより・・・

失敗しないキウイフルーツジャムの作り方

キウイフルーツはペクチンの含有量が0.50〜0.99%とかなり少ないです。 グリーンキウイフルーツ(ヘイワード)の糖度⇒10〜16%程度  酸度⇒1.1〜1.6%程度 キウイフルーツジャムを・・・

いちごジャムが固まらない・・

ジャムと言えば、いちごと思うぐらいいちごジャムは普通のものだと思うのですが、自分でいちごジャムを作ると、なぜか固まらない。 それはなぜか・・いちごはペクチンの含有量が少ないからです。 いち・・・

いちごジャムが固まらない2

いちごジャムの実験第2弾。 いちごジャムを作ってみたところ、固まらずに失敗したので作り方を変えて再チャレンジしました。 材料 いちご・・440g(2パック) グラニュー糖・・いちご・・・

いちごジャムの作り方

美味しいいちごジャムを作る実験 第3弾。 いちごジャムの出来上がりが、ゆるく出来上がり、味も納得がいかなかったので、美味しいいちごジャムを目指してまたまたチャレンジです。 材料 いちご・・・・

失敗しない簡単ないちごジャムの作り方

いちごジャムは簡単そうで、なかなか難しいですね〜 その理由はいちごにはペクチンの含有量が少ないからです。 いちご→ペクチン 0.6〜0.7% 酸度 3.4ph 糖分 7〜8% 砂糖の量や・・・

いちごジャムを作る時の注意点

いちごジャは簡単にできる〜と思って作った割には、全然上手につくる事が出来ずに、何回もいろいろなパターンで作ってみました。 そこで、いろいろと作ってみてわかった事。 ☆ いちごを細かく切って・・・

ブルーベリージャムの作り方のコツ

ブルーベリーの日本での旬の時期は6月〜9月です。 ブルーベリーは焼き菓子に混ぜて使ったり、タルトにのせたり、ヨーグルトに混ぜて食べたりしますね。 たくさんのブルーベリーがあれば、ジャムにして・・・

和梨(日本なし)のジャムの作り方のコツ

和梨(日本なし)は7月〜10月頃が旬です。 シャキシャキとしてみずみずしい食感がとても美味しい梨。 そのまま食べても美味しい梨ですが、コンポートやゼリーにしても美味しいですね。 和梨でジャム・・・

いちじくジャムの作り方とコツ

イチジク(無花果 )の日本での旬は夏果は6月〜7月。赤果は8月〜10月ぐらいです。 いちじくは皮をむいてそのまま食べたり、ケーキに使用したり、いちじくのジャムもとても美味しいですね。 ・・・

甘柿ジャムの作り方とコツ

甘柿の日本での旬は10月から11月ぐらい。秋の味覚、秋の果物です。 甘柿はデザートとして食べたり、柿ケーキ、柿アイスなどのスイーツに加工したり、柿サラダなどにしても美味しいようです。 ・・・

キウイフルーツジャムの作り方とコツ

キウイフルーツは日本産は12月〜4月  ニュージーランド産は5月〜12月が旬になります。 果物の中でも手ごろな値段で買う事ができるキウイフルーツでジャムを作ってみました。 水分量 ・・・

失敗しない甘柿ジャムの作り方とコツ

甘柿でジャムを作る時のコツは熟した柔らかい甘柿を使う事。 甘柿に砂糖をまぶして水分をたっぷりと出してから煮込むと、なかなか良い感じのジャムには仕上がりません。 甘柿をブレンダーで液状にして・・・