失敗しないお菓子・パン・料理の作り方とコツのTOPに戻る
「失敗しないお菓子・パン・料理の作り方とコツ」トップ >  ジャム > 失敗しないはっさくマーマレードジャムの作り方


失敗しないはっさくマーマレードジャムの作り方

八朔の皮も使用したマーマレードジャムの作り方です。
八朔の皮を使用しない八朔ジャムの作り方はこちら


八朔の皮のにがみ取りで煮こぼすのが、めんどくさいなあ・・と思いますが、皮を煮こぼすよりも八朔の実を取り出すほうに時間がかかりますよ。

材料

八朔
グラニュー糖・・八朔の実の重量の45%
レモン1個
レモンは輪切り2枚と レモン果汁を八朔の実の重量の2%で使います

直径6cm x高さ7cmの瓶が3個あれば入ると思います。










失敗しない八朔マーマレードジャムの作り方

1 八朔は皮を使用するので、塩でもみ洗いする。
2 八朔の皮を包丁で剥く。手を切らないように注意。
皮はきれいな所を好きな分量を使用する。

3 お鍋にたっぷりの水と八朔の皮を入れて沸騰させて、3回ほど煮こぼす。
八朔の皮を煮こぼしたお湯は黄色くなっています。こんなに色が出るんですね。

八朔の皮を3回煮こぼした後に食べてみました。
皮だけのところは苦みをほとんど感じませんが、白いワタがたくさんついている部分はやはり苦いですね。なるべく白いワタの部分は取りましょう。

4 皮の重さを測る。
皮を茹でる前の重さ 106g
     ↓
茹でた後の重さ 108g
あまり重さは変わりませんでした。
5 皮を5mm幅に切る。


6 八朔の皮を剥いて実を取り出します。一個づつ、実を取り出すのに時間がかかりますが、頑張りましょう。
実は煮ているとバラバラになるので、大きいままでよいです。
八朔の種は後で使うので取っておく。
7 八朔の実の重さをはかる
8 八朔の実と皮の合計の重さの45%の砂糖を計算する。 
今回は八朔の実は443g、皮は108g 合計 551gになりました。
砂糖の分量は248gになります。

9 砂糖は3回に分けて加えます。まずは1/3の砂糖を用意する。
 今回は248gの1/3の83gを用意する
10 ホーロー鍋に八朔の実と皮と砂糖1/3とレモンの輪切り 2枚を入れる。
11 浸透圧で果汁が出るように6時間ぐらいなじませておく。

12 6時間経ちました。八朔の果汁が少し出ています。
13 砂糖は煮詰めていく途中に2回に分けて入れます。
残りの砂糖を計量して、半分づつにしておく。
今回は83gの砂糖を2個、容器にわけておきます。

14 レモン汁を八朔の実と皮の重さの2%を用意する。
今回は551gの2% 11gを用意しました。

15 八朔の種 15個ぐらいをお茶パックに入れる。
16 ホーロー鍋に種を入れて、強火にかける
(ホーロー鍋は急激な温度変化に弱いものもあるので注意してください。)

17 ジャムを入れる瓶を鍋に入れる。
鍋にたっぷりの水を入れて火にかける。
沸騰したら、5分ぐらい煮沸する。
蓋は2分ぐらい煮沸する。
瓶と蓋を熱湯から取り出して、自然乾燥させる。

18 沸騰したら、中火にし、砂糖 1回目を加える。
キッチンタイマーを10分にセット。よく混ぜる。
19 アクが出てきたら、こまめにとる。

20 10分たったら、砂糖の2回目を加える。
キッチンタイマー 4分にセット。よく混ぜる。

21 4分後、レモンの輪切りと種の入ったお茶パックを取り出す。
レモン汁を加えてよく混ぜる。キッチンタイマーを4分にセット。

22 ホーロー鍋の中のジャムはまだ、サラサラとしていますが、瓶づめしていきます。
アイスクリームのデイッシャーで瓶詰すると簡単です。(口の小さい瓶はやりにくいですが・・・)

23  瓶詰したジャムは逆さにして自然に冷ます。サラサラだったジャムが自然にさめていくと固まります。

八朔⇒254g、228g、376g
八朔の実と皮⇒443g+108g
砂糖⇒248g
出来上がったジャムの量⇒458g

ジャムの出来上がりの重さから計算すると糖度は63.82ぐらい。


ペクチンのゲル化の条件は高い糖度(55%以上)、酸性(pH3.0くらい)

最後にレモン汁を加えるのはペクチンと酸性の追加です。


八朔マーマレードのお味は皮を使用しない八朔ジャムと比べると皮の苦みをかすかに感じます。

とても美味しい八朔マーマレードジャムが出来上がりました♪
スマートフォン用サイトはこちら♪◇

関連コンテンツ

柚子ジャム(ゆずマーマレード)の作り方

11月中旬から翌年1月ぐらいまでが旬の柚子。 おいしそうな柚子がたくさん出回ったら、柚子ジャムを作ってみましょう。 柚子ジャムの作り方はとても簡単ですが、作るのに少し時間がかかってしまいます・・・・

パイナップルジャムが固まらない・・

コストコでパイナップルが2玉の販売でとっても安かったので、ついつい買ってしまいました。 我が家は二人家族なのに・・ パイナップルはそれほど日持ちしないので、1玉のパイナップルをジャムにすること・・・

失敗しない八朔ジャムの作り方

八朔の収穫時期は12月から2月中旬ぐらい。出荷のピークは3月頃です。 2月に入ったらJAの直売所で3個120円でハッサクが売られていました。 実を剥くのに時間がかかるかな・・と思いましたが、旬・・・

失敗しないキウイフルーツジャムの作り方

キウイフルーツはペクチンの含有量が0.50〜0.99%とかなり少ないです。 グリーンキウイフルーツ(ヘイワード)の糖度⇒10〜16%程度  酸度⇒1.1〜1.6%程度 キウイフルーツジャムを・・・

いちごジャムが固まらない・・

ジャムと言えば、いちごと思うぐらいいちごジャムは普通のものだと思うのですが、自分でいちごジャムを作ると、なぜか固まらない。 それはなぜか・・いちごはペクチンの含有量が少ないからです。 いち・・・

いちごジャムが固まらない2

いちごジャムの実験第2弾。 いちごジャムを作ってみたところ、固まらずに失敗したので作り方を変えて再チャレンジしました。 材料 いちご・・440g(2パック) グラニュー糖・・いちご・・・

いちごジャムの作り方

美味しいいちごジャムを作る実験 第3弾。 いちごジャムの出来上がりが、ゆるく出来上がり、味も納得がいかなかったので、美味しいいちごジャムを目指してまたまたチャレンジです。 材料 いちご・・・・

失敗しない簡単ないちごジャムの作り方

いちごジャムは簡単そうで、なかなか難しいですね〜 その理由はいちごにはペクチンの含有量が少ないからです。 いちご→ペクチン 0.6〜0.7% 酸度 3.4ph 糖分 7〜8% 砂糖の量や・・・

いちごジャムを作る時の注意点

いちごジャは簡単にできる〜と思って作った割には、全然上手につくる事が出来ずに、何回もいろいろなパターンで作ってみました。 そこで、いろいろと作ってみてわかった事。 ☆ いちごを細かく切って・・・

ブルーベリージャムの作り方のコツ

ブルーベリーの日本での旬の時期は6月〜9月です。 ブルーベリーは焼き菓子に混ぜて使ったり、タルトにのせたり、ヨーグルトに混ぜて食べたりしますね。 たくさんのブルーベリーがあれば、ジャムにして・・・

プリンスメロンのジャム作りのコツ

プリンスメロンとは真桑瓜の「ニューメロン」と赤肉種のマスクメロン「シャランテメロン」の交配によって生み出されたメロンです 。 1961年にサカタのタネが開発した品種です。 日本での旬の時期は4・・・

和梨(日本なし)のジャムの作り方のコツ

和梨(日本なし)は7月〜10月頃が旬です。 シャキシャキとしてみずみずしい食感がとても美味しい梨。 そのまま食べても美味しい梨ですが、コンポートやゼリーにしても美味しいですね。 和梨でジャム・・・

いちじくジャムの作り方とコツ

イチジク(無花果 )の日本での旬は夏果は6月〜7月。赤果は8月〜10月ぐらいです。 いちじくは皮をむいてそのまま食べたり、ケーキに使用したり、いちじくのジャムもとても美味しいですね。 ・・・

甘柿ジャムの作り方とコツ

甘柿の日本での旬は10月から11月ぐらい。秋の味覚、秋の果物です。 甘柿はデザートとして食べたり、柿ケーキ、柿アイスなどのスイーツに加工したり、柿サラダなどにしても美味しいようです。 ・・・

キウイフルーツジャムの作り方とコツ

キウイフルーツは日本産は12月〜4月  ニュージーランド産は5月〜12月が旬になります。 果物の中でも手ごろな値段で買う事ができるキウイフルーツでジャムを作ってみました。 水分量 ・・・

失敗しない甘柿ジャムの作り方とコツ

甘柿でジャムを作る時のコツは熟した柔らかい甘柿を使う事。 甘柿に砂糖をまぶして水分をたっぷりと出してから煮込むと、なかなか良い感じのジャムには仕上がりません。 甘柿をブレンダーで液状にして・・・